読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボディメイキング研究所

身体の悩み解決、性格の悩み解決、コンプレックス克服、ライフスタイルの向上を目的とし他ブログ。それに適した本や製品を紹介します。

2020年東京オリンピック 誰が演出する?

時事

オッス、おら時任。

 

リオ・オリンピック閉会式での日本の演出が日本で話題になりましたね。音楽を中田ヤスタカ椎名林檎が、ダンスをPerfumeのMIKKOが担当しましたね。

 

「日本はやっぱりかっこいい」。そう思った日本人がとても多かったでしょう。

女性6

あの閉会式の演出は、日本人に向けてのアピールとしてはまさに大成功でしたね!

 

そしてパラリンピックの閉会式。PIZZICATE FIVEの「東京は夜の7時」が使われて話題になりました。

 

これは90年代に青春を送った椎名林檎中田ヤスタカ、また今回演出にかかわった人たちの意向ですね。

 

PIZZICATE FIVEといえば、当時渋谷系と言われたシャレオツな日本の最先端のセンスの音楽でした。

 

中田ヤスタカCAPSULEの初期のこの曲など、思いっきりPIZZICATEですね。

90年代に東京は世界的に魅力のある街だと発信しようとしていたのもPIZZICATEでしたね。これは後期のアルバム「さ・え・らジャポン」より。

このアルバムは「君が代」の編曲、童謡のパッチワークのような「さくらさくら」曲からはじまり、昭和の日本の音楽、当時の日本の流行のパロディになっていて、とても機知に富んで面白いアルバムになっています。 

当時90年代といえば、「引用」「パロディ」「リミックス」などが文化的な流行であり、そういう意味でも、まさに90年代の終わりを代表するアルバムになっています。

 

あのころの東京にオリンピックがくれば、間違いなくPIZZICATE FIVEはその演出の音楽に関わっていたでしょう。

 

椎名林檎の、先人への敬意が感じられた演出でしたね。