読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボディメイキング研究所

身体の悩み解決、性格の悩み解決、コンプレックス克服、ライフスタイルの向上を目的とし他ブログ。それに適した本や製品を紹介します。

愛される性格になれる薬オキシトシン。明るく社交的になれる方法

恋愛/婚活

自分を変えることって出来るの?

 自分を変えたい、暗い性格を変えたい、人前で緊張する自分を変えたい、もっと異性と仲良くなれる明るい性格になりたい。

f:id:bodymaking:20161219003358j:plain

そう思っても、性格を変えるのはなかなか難しいものです。
何から始めていいのかもわからない。がんばろう、変わろうとしても、空周りしてしまうのではないかという不安。

外見も自信ないし、対人関係も苦手。恋人もいなければ、そもそも好きな人もいない。

このままで自分の人生は大丈夫なんだろうか?
このままつまらない人生をおくることになるんじゃないか?

なんとかしたいとは思うけど、頭ではわかってても、それでも性格は変わらない。
そして年月だけが過ぎて行く。。。

その不安、悩みを抱えている人は、実はとても多いです。

 
(画像をクリックすると販売サイトに行けます)

「がんばれよ」では変われない

 出来る人は簡単に「がんばれば」とか「努力すれば」とかいうけど、本当に出来る人はそんなに努力してきたのでしょうか?

f:id:bodymaking:20161204232120j:plain

人間は産まれたときから不平等。性格が内向的になってしまう人もいる。
がんばれば、なんとかなる」とか、簡単に言わないでほしい。そう思いませんか?

 頭ではわかっていても、上手くいかない。頑張って行動してもカラ回り。そんな状況に絶望すら感じることもありますよね。

人が環境の変化によって変われることがある、というのは事実です。しかし、その「環境」とは、自分の周りと自分の性格の相互作用です。

環境が変わるきっかけがあり、そして自分の周りへの関わり方も変える。
まったく簡単ではありません。変われた人は運が良かったのです。

そうです、実は、自分の力だけで考え方や行動を変えることは、ほとんど不可能なのです。

薬の力で性格を変える

薬で人は変われるのでしょうか?

f:id:bodymaking:20170129003441j:plain

答えはYesです。

脳内の分泌系に影響を与えることで、人は変わることが出来ます。

悪い例ですが、芸能人と覚醒剤の昨今のニュースを思い出せば、薬に人を変える力があることは誰もが納得できますね。

違法ドラックは絶対に手を出してはいけませんが、合法の薬でも、性格を変える薬は、注意して選ぶ必要があります。

抗うつ剤

抗うつ剤を飲んだことはありますか?

f:id:bodymaking:20161205002114j:plain

おすすめ出来ません。やめてください。抗うつ剤には副作用があります。

私はアメリカ製の有名な抗うつ剤を試しに飲んでみたことがあります。抗うつ剤には薬によって強さがあり、強い薬はちゃんと効果があります。

しかし、副作用がでた日は本当に地獄でした。副作用がでた日に、私は抗うつ剤をやめました。

また、抗うつ剤を飲み続けると、身体がその状態に適応してしまい、抗うつ剤を飲むのをやめた場合に、大変つらい精神状態になる人がいます。私の「引きこもり」になってしまった友人がその例です。


(画像をクリックすると販売サイトに行けます)

性格を明るくする薬

 では、どんな薬を使えばいいねでしょう?

いま、アメリカでもっとも注目されている薬が、オキシトシンです。

f:id:bodymaking:20161127035737j:plain

オキシトシン「愛情ホルモン」

 オキシトシン」。聞いたことありますか?人の身体と身体が接触したとき、また親しい人に会うときに身体が分泌するホルモンの一種です。通称「愛情ホルモン」とも呼ばれるこのオキシトシンを経口摂取できる商品を、ネット通販では簡単に購入することが出来ます。

オキシトシン自閉症児にも効果あり

 東大の研究で、オキシトシンを経口摂取した自閉症児にコミュニケーション能力の改善が認められました。

f:id:bodymaking:20170129003920j:plain

自閉症は空気が読めなかったり、他人の気持ちがわからないなど他人と意思疎通が難しい障害です。しかし、オキシトシンを経口摂取し続けることで、コミュニケーション能力に改善が見られたという研究報告があります。

ここで重要なのは、オキシトシンは経口摂取という外部摂取によっても効果が認められているということです。 

オキシトシンについて

 「愛のホルモン」「幸せホルモン」などの異名を持ち、触れ合うことや愛や信頼を感じたときに、すべての人の体内で生成分泌されるホルモンです。

オキシトシンはストレスを緩和したり、幸せな気持を当人にもたらします。

<期待出来る一般的な効果>

  1. 人前での緊張感の緩和。
  2. 人に対し感情的で暖かい気持ちを持てる。
  3. 親しみやすい印象を与える。
  4. リラックスし感情のこもった反応をサポートすることから、対人コミュニケーション能力の改善にも効果があります。

f:id:bodymaking:20161127032054j:plain

オキシトシンの出てる人

 オキシトシンはまた、他の人に触れることはもちろん、とにかく楽しいと思えることをしても分泌されます。
一人で食事をしないで友人と食事をしたりするだけでも分泌されます。

オキシトシンの分泌量と分泌し易さには個人差があります。あなたも自分の周りに「オキシトシンが分泌されやすい人」を見つけることが出来るでしょう。
もし、あなたが毎日が楽しくなく、ストレスも溜まりやすく、体から疲れが抜けない感じが続いているなら、間違いなくオキシトシンの分泌量が少ないでしょう。

オキシトシンは美容にも関係があります。恋をしている人は魅力的ですよね。彼ら彼女らからは人を

オキシトシンの分泌量は幸せ体験の量に比例します。「お金持ちがよりお金持ちになれる」ように、「幸せな人はより幸せになれるのです」

f:id:bodymaking:20161212003644j:plain

幸せになる、その最初のステップとして、オキシトシンを経口摂取しましょう。
副作用の報告はほとんどありません。私も使用して1年ですが、副作用はありません。

効果を感じ始めたのは2ヶ月目から。私は学生時代に鬱病になったこともある、鬱体質ですが、ここ半年ほど毎日感じていた、疲れや、残業の多い会社への幻滅などが、少し引いていきました。

もともと対人関係は特に不得意ではなかったのですが、ここしばらくは恋人はよいが友人と会うこと、新しい人と知り合うことは、本当に面倒くさく、避けていましたが、オキシトシンを飲み始めて2ヶ月ほど経つと、はっきり自分でもわかるほど明るくなり、面白いことが起こる気分になっているのを感じだしました。

結果、新しい女性と知り合い、前の彼女とは別れてしまいましたが(笑)、今ではオキシトシンを媚薬として2人で楽しんでいます。

f:id:bodymaking:20161127032159j:plain

私の使っているオキシトシン

私の性格が変わった、私が最初に使っていたオキシトシンオキシトシンラブ』です。
スプレータイプで簡単に経口摂取できるタイプのオキシトシンです。
私は毎朝出社前にスプレー。さらに営業先のお客さんを訪問するときに毎時使っています。
使い始めてから、毎日だんだんとストレスが減っていく感覚があることに気づきます。 そのころはストレスや不安で安眠もあまりできずにいましたが、寝つきもよくなり、体が楽にになってきたことを感じれました。
そして仕事でも効果が現れるようになりました。仕事でプレゼンをしたり、報告しなければならないのですが、以前は本当にそれが苦手で、いやでいやで仕方がなかったのですが、以前よりもスムーズにできるようになりました。
リラックスできるようになり、あせらず落ち着いてできるようになれたと思います。

さらに、休日に出会い系イベントやシングルバーに行くときは、いつもより多めにスプレーで「愛情ホルモン」を摂取。連絡先を交換した女性からは「やさしそうに見える」とよく言われます。

一番安いタイプで約1000円から購入出来ます。合う合わない、効果の大小は人によるかもしれませんが、私の経験から、一度試す価値は絶対にありますよ! 

オキシトシン・ラブ(Oxytocin Love)


(画像をクリックすると販売サイトに行けます)

INVYのラブイズムとの出会い

新しい彼女と出会ってから、今度はオキシトシンを媚薬として使い始めました。
オキシトシンラブ』よりもっと媚薬効果のある『ラブイズム』を購入。しかし、これが人と親密になる薬としてもそうとう効果的!
普段使いは『オキシトシンラブ』で、勝負の時は『ラブイズム』を使っています。

f:id:bodymaking:20161127031043j:plain

この『ラブイズム』、INVYという有名な媚薬やフェロモン香水のブランドの商品です。

もともとこの『ラブイズム』も、オキシトシンで本人の魅力を高めながら、人間関係を良好にするという商品です。特に女性の購入者が多い商品です。

商品は3商品あります。 「ラブイズム」 「アドモア」 「マイウィル」。
全部にオキシトシンが含まれているのですが、オキシトシンだけのものと、その他の成分が含まれているものがあります。
わたしは、自信が欲しかったので、自信を高める効果も期待できる『ラブイズム』をチョイス。
早速使ってみると、やはり『ラブイズム』にはリラックス成分も入っているせいか、心がスーッとするような感覚がありました。 媚薬としても、私には強烈で、ホントに二人で何回もイクことが出来るくらいです。

[Invy]ラブイズム(Luveism)


(画像をクリックすると販売サイトに行けます)

男性にも女性にも「愛情ホルモン」オキシトシンは効きます。
今までよりも積極的なりたい、この勢いで素敵な異性と知り合いたいと思っている人。勇気を出して今まで足を運ぶことのなかった出会い系パーティーやイベントに参加してみたいと思っている人は、まず一度試してみるとイイと思います。

超おススメです。